お月見に最適な料理といえば

MENU

十五夜に食べようお月見お料理

十五夜の料理

 

お供え物レシピ

十五夜にお供えするお供え物の中から、ここでは「月見団子」と里芋を使った「黒芋入り玄米ご飯」「きぬかつぎ」の作り方を紹介します。


月見団子(15個分)

 

【材料】

上新粉…150g、白玉粉…50g、湯…150ml

 

【作り方】
  1. 新粉にぬるま湯を半分ほど入れ、よく混ぜる。
  2. 1に白玉粉と残りのお湯を入れ、だまにならないようよく混ぜ合わせる。
  3. こねた生地を4等分し、ぬれふきんを敷いた蒸し器に入れて20分ほど蒸し上げる。
  4. 布ごと冷水に移して冷やし、冷めたら団子を取り出して乾いた布で水気を取る。
  5. 容器に移し、すりこぎ棒でよくつく。
  6. 手に水を付けて団子を作り、三方に山形に盛る。食べる時は好みで餡やきな粉を付けて食べる。

 

里芋ご飯

 

黒芋入り玄米ご飯(5〜6人分)

【材料】

玄米…2.5カップ、サトイモ…5〜6個、水…3.5カップ、自然塩・・・小1/2、醤油・・・小2(お好みで大1でもOK)

 

【作り方】
  1. 玄米はしっかり洗い、ザルにあげて30分置く。里芋は皮を厚めに剥き、それぞれに自然塩(分量外)を軽くふって20分ほど置いておく。
  2. 圧力なべの底に昆布を敷き、玄米の半分と里芋を混ぜ入れる。上から残りの半分の玄米を入れ、里芋が浮いてこないように水を静かに注ぐ。
  3. 自然塩、醤油を加え、シッカリと蓋をしたら強火にかける。圧力がかかったら1分程おいて極弱火にして30分焚く。火を消して15分蒸らす。
  4. 空気を入れるようにさっくりと混ぜて出来上がり。
  5. 容器に移し、すりこぎ棒でよくつく。
  6. 手に水を付けて団子を作り、三方に山形に盛る。食べる時は好みで餡やきな粉を付けて食べる。



 

きぬかつぎ

【材料】

里芋…12個、黒ゴマ…少々、塩…少々

 

【作り方】
  1. 里芋をよく洗い、皮付きのまま竹串がスッと刺さるぐらいまで蒸す。
  2. 蒸し上がったら、里芋の太い方に切れ目を入れ、頭部だけ皮をむく、
  3. 皮をむいた頭部に黒ゴマと塩をふる。

 

伝統野菜「丹後小芋」

里芋は、「芋名月」とも称される十五夜を代表する野菜のひとつ。一株で小芋、孫芋とどんどん増えることから、子孫繁栄を連想させる縁起物として、数々の祝い事に用いられてきました。

 

十五夜になると、関東では蒸したりゆでてそのまま食べる「きぬかつぎ」、関西では「煮っころがし」「みそ煮」にしてお供えされるのが一般的です。

 

里芋は万葉集にも「芋(うも)」として、「蓮葉はかくこそあるもの意吉麻呂が家なるものは芋の葉にあらし」と詠まれるほど、古くから日本で栽培されてきました。

 

中でも特に京都府の丹後地方で栽培されている「丹後小芋」は、独特のぬめりと柔らかさ、甘味がある京野菜のブランド品として有名。

 

全国の名だたる料亭、料理店でも秋から冬の味として重宝されており、一般家庭では皮付きのままさっとゆでて、西京みそや塩を付けてシンプルに味を楽しんでいます。

 

また、時間が無くて作れない・・。なんて行く方には「月見そば」などもいいですね。
おそばに、山芋をかけてうずらの卵を落とすと、雲がかった山に満月が出ているようなイメージですし、何より名前がドンピシャですよね♪