お月見しながら団子食べよう

MENU

お月見とお団子

月見といえばお団子ですね。

 

お月見団子


十五夜のお供え物といえば、月に見立てて丸い形に丸めた月見団子が有名です。供える月見団子の数には2説あり、ひとつはその年に出た満月の数である12個(うるう年は13個)、もう一説は十五夜にちなんで15個を下から9個、4個、2個と階段状に並べる供え方があります。

 

そもそも、月見団子のルーツは十五夜が伝わった中国伝統のお菓子・月餅からと言われています。それだけにお供えするのは団子に限らず、月に見立てた丸いお菓子やおまんじゅうなど、好みのものでOK。

 

月のうさぎを連想させるうさぎの形のお菓子なども十五夜にぴったりのお供え物です。

 

秋の実りを添えてさらに豪華に

栗

十五夜は月に五穀豊穣を感謝する祭りから始まったこともあり、月見団子や秋の七草に加え、芋や豆、栗、柿など秋の収穫物をお供えします。

 

特に里芋は一株からたくさんの芋がとれることから子孫繁栄を表す縁起物とされ、十五夜の月を「芋名月」ということもあります。

 

 

里芋

お月見は古くは平安時代から始まったと言われていますが、最初は団子ではなかったといいます。

ちょっとびっくりですが、里芋などのイモ類をお供えしていたそうです。

その証拠に、十五夜は「芋名月」とも呼ばれています。

お月見の本来の意味は、収穫された作物に感謝するためだったので、秋に収穫されるおイモをお供えしていたというわけです。

 

 

 

お月見にススキを供える意味

 

お月見には、団子をお供えするのは定番ですが、同時にススキや萩も飾りますね。
お月見は、収穫を感謝し、その時期に採れた野菜や果物をお供えしますが、ススキは、稲穂に似ていることから、米の豊作を願って飾られています。お月見の時期には稲穂がないので、ススキを供えるようになったのです。
また、ススキは、魔除けになるとか、軒先に吊るすと、一年間病気をしないと古くから言い伝えられています。

 

すすき




秋の七草言えますか?

十五夜のお供えには秋の七草を飾ります。すべて揃えるのはなかなか難しいですが、参考までにそれぞれの花について紹介します。






hagi 
hagi
◆萩(はぎ)
マメ科ハギ属の総称。 “秋に咲く花”という意味を持ち、可憐な姿が魅力。
obana 
obana
◆尾花(おばな)
ススキのこと。日当たりのよい場所でよくみられるイネ科の多年草で、見た目が稲穂に似ていることから、お月見の定番のお供え物として知られています。
kuzu 
kuzu
◆葛(くず)
マメ科クズ属のつる状草本。根には大量のでんぷんが含まれていて、これがくず粉になります。また、漢方薬の「葛根(かっこん)」は葛の根を乾燥させたものです。
nadeshiko 
nadeshiko
◆撫子(なでしこ)
河原によく生育し、鮮やかなピンク色で花弁が深く裂けているのが特徴です。
ominaeshi 
ominaeshi
◆女郎花(おみなえし)
日当たりのよい場所に生える多年草。黄色の小さい花をつけます。
fujibakama 
fujibakama
◆藤袴(ふじばかま)
川岸の土手などに生えているキク科の多年草。乾燥すると特に香りが強くなり、貴族たちはお湯に入れたり衣服や髪に香りをつけて楽しんでいたそうです。
kikyou 
kikyou
◆桔梗(ききょう)
キキョウ科で開花時期は6月〜8月頃。紫または白の美しい花です。