十五夜のうさぎを眺めて

MENU

月にウサギがいると言われるその由来とは?

十五夜といえばお月さまにいるウサギちゃん
十五夜といえば、月の中にいるのはうさぎというのが、私たちが小さい時から聞いてきたお話だと思いますが、こんな言い伝えがあるのをご存知ですか?

月を見るウサギ



その昔、天竺にサルキツネウサギの3匹がいました。
彼らは自分たちが獣なのは前世で悪いことをした為と常々思っていました。

それを見て、哀れに思った御釈迦様は、自らお腹を空かせた老人の姿となり3匹の前に現れ、彼らがどのように善行を行うのか試してみようとしました。

木に登れるサルは木から沢山の木の実を取り老人に差しだしキツネは鳥や魚を獲って老人に捧げました。

しかし、ウサギはサルのように木の実を獲ることも、キツネのように鳥や魚を獲ることもできず、ただウロウロするばかり・・。

何もしてあげれないと思ったウサギは老人の前で火を焚き、「何もできない私ですが、どうかこの身を食べて空腹を満たしてください」と自ら火の中に飛び込んで死んで行きました。

ウサギを哀れに思った御釈迦様は老人から釈迦の姿に戻り、ウサギの亡骸を抱いて天に昇り、月の宮居にその亡骸を祀り、月を見るたびにそのうさぎを思い出しました。

というのお話から成り立っているそうです。

なんだか、ちょっぴり悲しいお話ですね。
管理栄養士ってしってます?栄養のあるお月見団子をつくってみませんか。管理栄養士についてはこちら



外国の十五夜って?国別にみるお月さま模様あれこれ

海外もうさぎが登場するのでしょうか?

 

日本では、月の模様といえば“餅をつくウサギ”の姿を思い浮かべる人が多いですが、世界にも月にまつわる民話や伝説があり、月の模様も下記のように多様なイメージで見られています。

  • 中国 「カエル、天女、カニなど」
  • ヨーロッパ 「木につながれたロバ、キャベツ畑の泥棒、カボチャを食べる男など」
  • ヨーロッパ南部 「片腕のカニが大潮を招くように呼んでいる姿」
  • アメリカほか 「女性の横顔」
  • 南米 「ワニ、トカゲ、月の海に荷物を運ぶロバなど」
  • ベトナム 「大きな木とその下で休む男性」
  • モンゴル 「犬」
  • カンボジア 「菩提樹の木の根元にいる杖を持った老人」
  • ラオス 「おばあさんが足で踏む米つきで米を挽いている様子」
  • アラビア 「ライオンが吠えている姿」

この他、「ほうきにまたがった魔女」や「本を読む少女」など、世界の各地でさまざまな見立てやいわれが伝わっています。

 

世界各国のこうした月の模様を想像しながら、十五夜の夜にお月見を楽しんでみるのもおすすめです。