お月様呼び方いろいろ

MENU

月はびっくりするほど名前持ち

満月


 

昔から日本では月の形が変わるたびにさまざまな呼び名を与え、月そのものの美しさや形を楽しんできました。月の満ち欠けによって、こんなにたくさんの名前があるなんて知っていましたか?

 

初月(はつづき)

/地球からは全く見えない、陰暦で毎月第1日目の月。別名「新月」「朔(さく)」。

 

二日月(ふつかづき)

/2日目の月。「繊月(せんげつ)」「既朔(きさく)」。

 

三日月(みかづき)

/3日目の月で、その形から弓や剣、鎌、櫛、船などに例えられます。また、眉毛のように見えるため「眉月」などとも称されます。

 

上弦(じょうげん)の月

/月が満ちていく過程の半月。弓を張ったように見え、弓の弦が上向きになっていることから「上弦の月」「弓張月(ゆみはりづき)」とも呼ばれます。

 




十三夜月(じゅうさんやづき)

/満月に次いで美しいとされ、これから満ちていく様子が縁起の良い月とされています。

 

小望月(こもちづき)

/満月の前夜の月。翌日を楽しみに待つ、という意味で「待宵の月(まつよいのつき)」とも言われます。

 

望月(もちづき)

/15日目の月。旧暦の8月15日の月を特に「十五夜」といいます。太陽と月を結ぶ線上の間に地球が入るため、太陽の光が付き全体を照らし出し、美しい姿を楽しめます。

 

十六夜(いざよい)

/16日目の月。満月より遅い時刻に出るので月がためらっていると見立て、“ためらう”という意味を持つ“十六夜”と名付けられました。

 

立待月(たちまちづき)

/17日目の月。月が出るのを立って待っている様から。

 

居待月(いまちづき)

/18日目の月。満月を境に、しだいに出るのが遅くなる月をゆっくり座って待つことから名付けられました。

 

寝待月(ねまちづき)

/19日目の月。月が出るころにはすでに寝床に入っているという意味で名づけられました。別名、「臥待月(ふしまちづき)」とも言います。

 

更待月(ふけまちづき)

/20日目の月。夜が更けてから上がってくる月を差した言葉。

 

下弦の月(かげんのつき)

/23日目の月。月が欠けていく過程の半月のこと。弓に張った弦が下を向いていることから「下弦の月」と呼ばれます。別名「弓張月」。

 

有明月(ありあけづき)

/26日目の月。夜明けの空(有明)に昇る月で、「暁月」とも呼ばれます。

 

三十日月(みそかづき)

/月の最後、30日の月。「晦日(みそか)」とも書きます。